地図の本

  • 2019.10.18 Friday
  • 21:41

古地図のファンばかりでなく歴史、冒険ファンにも〜

日経ナショナル ジオグラフィック社より刊行となった

『世界をおどらせた地図』です

世界を翻弄したのは、英雄か、悪党か。


未知の世界に打って出た命知らずたちの、栄光と敗北を地図で読み解く。

死を恐れぬ探険家、一獲千金を狙う山師、跋扈するならず者……彼らの一世一代の旅を刻み、あるいは駆り立てた地図の数々。
著者が所蔵する稀覯書や地図のコレクションのほか、世界中のプライベートコレクション、美術商、美術館や博物館の収蔵品などから集めた、とくに美しい版で編まれた贅沢な地図誌。
未踏の旅路・異境の驚き・一攫千金への欲望・密かな企み・悪党の狼藉など、39のエピソードが地図を彩る。



ベストセラー『世界をまどわせた地図』の著者による、待望のシリーズ第2弾。



内容は、
古代世界の探検と地図作り/イスラムの地理学者たちと知識の探求/バイキングによるアメリカ大陸到達/マルコ・ポーロの旅/中国・鄭和の大航海/ポルトガルによる熱帯アフリカの探検/クリストファー・コロンブスの大西洋横断/ジョン・カボットの北米への旅/ヴァスコ・ダ・ガマがインドへ到達/大西洋条約を破ったペドロ・カブラルがブラジルに到達/フアン・ポンセ・デ・レオンがフロリダに到達/フェルディナンド・マゼランの世界一周航海/ヴェラッツァーノによる北米東海岸の探検/フランシスコ・ピサロのペルー征服/フランシス・ドレーク卿の世界周航/マテオ・リッチと中国でのキリスト教宣教/ウィレム・バレンツ、ヘンリー・ハドソンと北西航路の探索/ウォルター・ローリー卿のエルドラド探しの旅/オランダ東インド会社とヨーロッパ人によるオーストラリアの発見/アベル・タスマンがニュージーランドに到達/インテリ海賊ウィリアム・ダンピアの冒険/ヴィトゥス・ベーリングの北方大探検/科学を追求したブーガンヴィルの世界周航/クック船長による太平洋と南極海の調査/消えたラ・ペルーズ伯の探検隊/ジョージ・バンクーバーによるアメリカ北西海岸の探検/ムンゴ・パークの北アフリカ探検/アレクサンダー・フォン・フンボルトとエメ・ボンプランの南米探検/ルイスとクラーク探検隊の太平洋までの道のり/ウィリアム・エドワード・パリーが北極諸島へ/ジェームズ・クラーク・ロスと磁北極、磁南極の探索/フランクリン探検隊の謎の失踪/女性旅行家時代の幕開け/デイヴィッド・リヴィングストン、ヘンリー・モートン・スタンリーと「暗黒大陸」/バークとウィルズの探検隊による悲運のオーストラリア縦断/アドルフ・ノルデンショルドのユーラシア大陸周航/北極点到達競争/ロアール・アムンセンによる北西航路横断と南極点到達競争/アーネスト・シャクルトンのエンデュアランス号による南極探検

著者は、

ブルック=ヒッチング,エドワード
英国王立地理学協会フェローにして、不治の域に達した地図偏愛家。

BBCの人気クイズ番組「QI」にも携わる。

古書店の息子として生まれ、現在もロンドンでほこりまみれのアンティーク地図と古本の山に囲まれて暮らしている

amazon さんで販売中

https://www.amazon.co.jp/dp/4863134436?_encoding=UTF8&isInIframe=0&n=465392&ref_=dp_proddesc_0&s=books&showDetailProductDesc=1#product-description_feature_div

オランダで・・・・

  • 2019.10.17 Thursday
  • 08:39

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ボタニカルアート(植物画)

 

 

 

 

オランダの首都アムステルダムの水上花市場で売られる球根

 

 

 

 

 

オランダの首都アムステルダムの有名な水上花市場で販売されたチューリップの球根のうち、花が咲いたのは全体のわずか1%だったとする調査結果が15日に発表された。

 

 

消費者に対するごまかしが常習的に行われていることが明らかになった。

 

 

 

 調査はアムステルダム市とチューリップ農家らの委託で行われた。

 

球根1袋につき、パッケージ通りの色の花を咲かせる球根がしばしば1個しかないことや、封入量が表示より少ないことなども判明した。

 

 

 

オランダ球根生産者協会(KAVB)は、チューリップの球根販売において「消費者に対する詐欺が常態化していることが調査で明らかになった」と発表。

 

 

KAVBのルネ・ルクレア(Rene le Clercq)会長は、「大勢の観光客や日帰り旅行者がだまされている」とコメントした。

 

 

 

水上花市場はアムステルダムでも指折りの観光地。1862年ごろ、花売りたちがアムステル川(Amstel River)沿いに花を運んできたのが始まりとされる。

 

 

ルクレア氏はチューリップについて、400年前に初めてオスマン帝国から輸入されて以来「わが国の象徴となり、球根産業はオランダ経済の重要な担い手となってきた」と説明する一方、「チューリップの球根に関する詐欺は、過去20年にわたって続く問題となっている」と述べた。

 

 

 

チューリップは花を春に咲かせるため、北半球の場合8〜12月に球根が販売され、冬が始まる前に植えられる。

 

 

 

アムステルダム市の広報はAFPに対し、調査は今年の春に実施されたと明かした上で、

「そもそも春にチューリップの球根を売っているのがおかしい。

オランダのまともな園芸店なら、そんなことをしない」と語ったそうです。

 

 

 

 

 

どこでも観光地のお土産屋さんにはご注意ですね〜

 

 

 

 

 

 

今日からです

  • 2019.10.16 Wednesday
  • 15:31

JUGEMテーマ:美術館

今日から来年1月26日までパリのコンシェルジュリーで「マリー・アントワネット展」が開催されるそうです〜

この場所、コンシェルジュリーは、かての牢獄で

マリー・アントワネットも 囚人番号280として投獄されていました

投獄から2ヵ月半後、今日(1793年10月16日)にパリ コンコルド広場で処刑されました

マリー・アントワネットについての200点の芸術作品、手紙、漫画(ベルサイユのばらなど)ファッション、アクセサリーなどで、18世紀に一番嫌われた人が21世紀の人気ファッション・アイドルになるプロセスを紹介している

彼女の髪の毛も展示されているそうです

ぜひ、拝見したい展覧会です〜

ポンペイで

  • 2019.10.15 Tuesday
  • 09:31

 

 

 

JUGEMテーマ:古美術・骨董・アンティーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポンペイで美しいグラディエーターを描いた壁絵が発見された!!

 

当時のグラディエーター(戦士)は、今でいう総合格闘家のチャンピオンのような人気ヒーローでした

 

発見された場所は、1階にレストラン、2階は娼婦宿、グラディエーターたちの遊び場でもありました

 

こんなに鮮やかな色あいでの発見はひじょうにめずらしいそうです

 

 

 

まだポンペイ全体では、1/3程度しか発掘されていないため、今後の発掘にも期待大です

 

 

 

ポンペイについての関連本はこちらです☞https://botanicalart.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=565364&csid=28&sort=n

 

 

 

 

ニュースの詳細はこちらです☞

https://www.theguardian.com/world/2019/oct/11/pompeii-dig-unearths-fighting-fresco-gladiators-tavern

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インテリア例

  • 2019.10.14 Monday
  • 08:22

 

 

 

 

JUGEMテーマ:インテリアデザイン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シックな色あいのベットリネンに合わせて無色の銅版画です

 

 

黒縁の額に合っておしゃれですね〜

 

 

 

 

おすすめはこちらです☞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インテリア例

  • 2019.10.13 Sunday
  • 18:27

 

 

 

 

JUGEMテーマ:インテリアデザイン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の夜長

 

 

あたたかい寝室の壁に銅版画はいかがでしょうか?

 

 

かわいらしいキューピットに癒されてください〜

 

 

 

 

 

 

おすすめはこちらです☞

 

 

 

 

 

 

インテリア例

  • 2019.10.12 Saturday
  • 09:28

 

 

 

 

JUGEMテーマ:アンティーク版画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台風の被害があつこちで出ているようです

 

 

ヤマト便、日本郵便にも影響が出ています

 

 

御注文いただいている商品のお届けに遅れ等が発生しています、

 

 

もうしばらくお待ちください〜

 

 

 

 

 

 

 

インテリア例

  • 2019.10.11 Friday
  • 09:47

JUGEMテーマ:アンティーク版画

壁に葉や木などのボタニカルアートはいかがでしょうか

シックでおしゃれですね〜

秋冬のお部屋の模様替えにおすすめです

ローマの古銭から

  • 2019.10.10 Thursday
  • 08:35

 

 

 

JUGEMテーマ:古書・絶版本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歴史好きな方、必見のレア本のご紹介です〜

 

 

 

 

 

コインの絵柄から描いたローマ皇帝、ビザンチン皇帝、神聖ローマ皇帝の美しいコレクション!!!



165図の緻密で高品質の銅版画図譜入り

王や皇帝、ジュリアス・シーザー(100bc)、カリギュラ、皇帝ネロからコンスタンチン、 Charlemagne、Frederick、 Conrad、Joseph I (1711年死去)他


1800年間の皇帝のポートレイト肖像画165図入り



ひじょうにレア本
17世紀のコインの名艦です

 

 

 

 

 

 

 

 

古代ローマについての番組 HBO 「ROME」はもうご覧になりましたか???

(amazon primeでも見ることができます)

 

この番組の影響ですっかり古代ローマにはまっています〜

 

 

 

 

 

 

 

 

本の詳細はこちらです☞https://botanicalart.shop-pro.jp/?pid=146080801

 

 

 

 

 

京都で・・・

  • 2019.10.09 Wednesday
  • 09:58

 

 

 

 

JUGEMテーマ:アンティーク版画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都でアンティークフェアが開催されるそうです

 

 

知り合いの業者様も御参加されるそうです

 

 

秋の京都行ってみたいです〜

 

 

 

 

 

(詳細はこちら)

 

 

第75回 京都アンティークフェア
2019年10月11日(金)〜13日(日)
場所:京都パルスプラザ
時間:午前10時〜午後5時
   最終日は午後4時まで


大規模駐車場や近鉄竹田駅西口から無料送迎バスがあるそうです



400店近い業者さんが出店しているそうです

 

 

 

 

 

 

 

ゴッホの世界

  • 2019.10.08 Tuesday
  • 17:58

 

 

 

JUGEMテーマ:美術館

 

 

 

 

 

 

 

アカデミー賞主演男優賞ノミネート!

 

 

 

『永遠の門 ゴッホの見た未来』

 

 

ゴッホの見た世界が130年の時を経て蘇る、圧倒的感動体験

 

 

美術史上最も重要かつ人気の高い画家でありながら、生前はたった1枚の絵しか売れなかったフィンセント・ファン・ゴッホ

 

 

孤独と絶望の人生の中で、彼をこの世に繋ぎとめたのは描き続ける情熱だけでした(

 

 

 

37歳という若さでこの世を去ったゴッホは、生涯をかけて何を伝えたかったのでしょうか

 

 

画家でありながら映画監督としても活躍するジュリアン・シュナーベルが、いまだにいくつもの説が混在するゴッホの謎の死に一つの答えを提示し、繊細にして先鋭な<21世紀ゴッホ像>を描き出しました

 

 

この秋、

11月8日(金)に劇場公開されるそうです

 

 

今からとっても楽しみです〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この秋も・・・

  • 2019.10.07 Monday
  • 18:17

 

 

 

JUGEMテーマ:アンティーク版画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀座通りで見つけました〜

 

 

クロエ・ブティックのウィンドーディスプレーです

 

 

ディオールも昨年、「トワルドジュイ」柄でしたが、クロエまでも

 

 

18世紀のフランスの田園風景です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポーツ観戦

  • 2019.10.06 Sunday
  • 09:13

 

 

 

JUGEMテーマ:アンティーク版画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラクビー、熱戦が続いています〜

 

 

そんな中、ドーハの空席だらけののグランドスタンドが話題になっていますが、

 

 

 

初めての屋内観戦場、「グランドスタンド」はどこだったのでしょうか?

 

 

正解は、

イギリスのヨーク競馬場です

 

 

 

1756年に建築家ジョン・カーが立てたクラシッカルな建築物ですだ

 

 

1階のバルコニーからと、2階のルーフトップ・バーから競馬を楽しめました

 

 

 

その建物は、風刺画家、トマス・ローランドソンが「ドクター・シンタックス」の人気シリーズの中で1813年に描かれています

(図下)

 

 

 

 

 

 

 

 

自然の印刷

  • 2019.10.05 Saturday
  • 11:12

 

 

 

JUGEMテーマ:古書・絶版本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ネイチャー・プリンティング 自然の印刷」についての非常にレア本

 

1855年に刊行されました

 

 

実物を利用した印刷方法です

 

葉を印刷したものは、見たことがありましたが、この本では動物(コウモリ)、クロシェット・レース、バラなどの実物を利用し、印刷されています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘアーカタログ

  • 2019.10.04 Friday
  • 17:13

 

 

 

JUGEMテーマ:古書・絶版本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

匿名の著者による

 

「髪型-ファッション本」

 

 

1589年から1778年までの、フランスの王室および上流階級の髪型(および衣服)を示しています

 

 

マリー・アントワネットのヘアースタイルも掲載されています

 

 

各髪形には、関連した詩がついています

 

 

1778年 パリ刊行です

 

 

48図の手彩色銅版画図譜入りです

 

手彩色でのこのような本はひじょうにレアで現存する唯一の本と言えます

 

19世紀に総モロッコ革と金箔装飾で豪華に再装丁されています

 

 

 

この美しい装丁は、フランスの装丁家の巨匠アンリ・ヌールハ(1866年-1931年)によるものです

 

 

 

約70万円ほどです

 

御興味ありましたらこちらへ☞jjefferyprint@gmail.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

archives

recent comment

profile

JJ










富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART 高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL 日本最大級2500万点の素材サイト | アマナイメージズ

search this site.

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM