マリー・アントワネットの・・・・

  • 2020.05.31 Sunday
  • 08:05

 

 

 

 

 

 

Marie Antoinette, as painted by Elisabeth-Louise Vigee Le Brun in 1783.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マリー・アントワネットの旅行用スーツケースがパリのオークションで44000ユーロ(約5266590円)で売却されたそうです〜

 

(販売前の予定は8000〜10000ユーロでした!)約957561円〜1196952円

 

 

スーツケースには「Chambre de la Reine N. 10」 (女王の部屋10号)の記載があるそうです

 

 

 

 

まりアントワネットの大きなダマスク・セルヴィエット(ナプキン)が14500ユーロ(約1735580円)で売却

(予定では2000〜3000ユーロ)約239390円〜359085円

 

 

 

どのアイテムも予想をはるかに上回る結果に会場はかなり沸いているそうです〜

 

 

 

やはり今でもマリー・アントワネット熱がさめていないようです!!

 

 

 

 

 

 

パイの日です〜

  • 2020.01.24 Friday
  • 09:46

 

 

 

 

JUGEMテーマ:名物グルメ

 

 

 

 

 

 

 

すみません〜こちらの絵は、パイでなくてパンでした〜

 

 

今日は、「ナショナル パイデー」だそうです〜

 

 

ローマの人々はパイを愛していました

 


紀元1世紀のローマの料理本には、鶏、アスパラガス、野菜、魚、チーズなどのより人気のある品種が記録されています

 

 

パイの生地にガーリックなどが練り込まれていたそうです

 

 

 

 デザートのお菓子パイには、カスタード、フルーツ、蜂蜜などの種類がありました

 

 

 

 

 

中世

  • 2020.01.22 Wednesday
  • 08:54

 

 

 

JUGEMテーマ:インテリアデザイン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、中世の教会は派手だった!

 

 

 

現存する建築物からは想像を絶するカラフルな色ずかい

 

 

詳しくはこちらです☞

https://churchpop.com/2015/02/23/medieval-cathedrals-color/

 

 

 

 

 

 

レゴで〜

  • 2019.12.27 Friday
  • 14:39

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:美術館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あのレゴで古代ローマを完成させたそうです〜

 

 

66000パーツのレゴを使用

 

 

全サイズは、横231×高さ137

 

 

デザイン計画に32日間

 

組み立てに24日間かかったそうです〜

 

 

 

詳細はこちらです☞

https://www.roccobuttliere.com/news/2019/12/20/spqr-imperial-rome

 

 

 

 

 

 

古代ローマファンにはこちらの本がおすすめです〜

 

 

 

 

 

 

商品の詳細はこちらです☞https://botanicalart.shop-pro.jp/?pid=137117470

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリムト

  • 2019.12.13 Friday
  • 09:10

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:古美術・骨董・アンティーク

 

 

 

Italian police stand next to what they say could be the Portrait of a Lady painting, by the Austrian artist Gustav Klimt, which was stolen in 1997.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

23年前に盗まれたクリムトの絵が美術館の壁の中に!!!!

 

 

 

 

 

 

イタリアのギャラリーの壁に隠された絵画が、盗まれた可能性のあるクリムト画だった!!!

 

 


 

 

イタリアの警察は、ほぼ23年前に盗まれたグスタフ・クリムト画と思われる絵画が、以前展示されていたギャラリーの壁に隠されていたのを発見、調査しています。

 

 

1997年に盗まれて以来、世界で最も人気のある失われた芸術作品の1つである「ある女性の肖像画 Portrait of a Lady」の場所は謎に包まれています

 

 

 

 

火曜日に、ピアチェンツァ北部のRicci Oddiモダンアートギャラリーの外壁にあるツタを片付けている庭師が、金属製のパネルを発見しました

 

 

ギャラリーは、絵画の信憑性が確認されるまで公式発表を行っていませんが、地元の新聞Piacenza Seraが引用した情報源によると、最初の専門家の検査で、絵画は1917年のクリムトであることが示されました

 

 

 

 

ギャラリーのディレクターであるマッシモフェラーリは、イタリアの新聞ラ・レプブリカに「写真の裏にあるスタンプとワックスはオリジナルです」と語った

 

 

文化を担当するピアチェンツァ評議会のメンバーであるジョナサン・パパメレンギは、絵画を返したい思いの泥棒によって壁に残された可能性を排除しませんでした

 

 

 

「それは非常に奇妙です。なぜなら、盗難直後、ギャラリーと庭のあらゆる細部にいたるまで捜査済みだったからです」と彼はラ・レプブリカに語った。

 

 

 

 

「最も奇妙なことは、絵が素晴らしい状態にあることです。 22年もの間、ドアが仕掛けられていたようには見えません。」

 

 

 

このある女性の肖像画の窃盗は1997年2月22日の朝に発見されましたが、警察は3日前にそれがなくなっていたと信じていました。

 

 

当時の調査員は、内部の仕事を疑っていました。

 

この調査は、絵画の残りの額に犯人のDNA痕跡が発見された後、2016年に再開されました

 

 

 

警察は、泥棒が釣り糸を使って傑作を壁から引き離し、開いた天窓を通してギャラリーの屋根まで運んでいると信じています

 

 

 

クリムトが死亡の直前に、失われたと信じられていた別の作品(1912年以来見られなかった若い女性の肖像画)に描かれていることに気付いたため、特に重要であると考えられています

 

 

 

「発見が絵画の信憑性を確認するならば、それはセンセーショナルな発見であり、我々は早くも1月にギャラリーでそれを展示する準備ができているでしょう」とパパメレンギは言います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

化石

  • 2019.12.11 Wednesday
  • 09:54

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:古美術・骨董・アンティーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵な魚竜の化石が、2万ドルぐらい(約2176120円)に手に入る可能性が〜

 

 

 


魚竜

 

ホルツマデン、ドイツ

 

イクチオサウルスStenopterygius quadricissus(化石サイズ:150 cm、プラークサイズ:200 x 100 x 3 cm)、初期ジュラ紀(約1億8千万年前)

 

 

 

有名なホルツマデン採石場の黒いスレートの背景に現れている、素晴らしい海洋爬虫類の化石です

 

 

 

 1910年にイギリスのライムレジスで完全な魚竜の骨格を発見した最初の人は、1910年にイギリスのライムレジスにいたメアリー・アニングでした

 

 

魚竜は群れで生活し、外海で進化しました

 

 

何百時間もの時間をかけて、この魚竜の化石化した骨から岩を微妙に除去し、それらを昼間の光にさらしました

 

 

 

頭蓋骨は眼窩を示し、現代のイルカとの表面的な類似性を示すために、体の形がマトリックスで明確に示されています。
 

 

 

 

 

化石の本の紹介はこちらです☞

https://botanicalart.shop-pro.jp/?pid=78086283

 

 

地図の本

  • 2019.10.18 Friday
  • 21:41

古地図のファンばかりでなく歴史、冒険ファンにも〜

日経ナショナル ジオグラフィック社より刊行となった

『世界をおどらせた地図』です

世界を翻弄したのは、英雄か、悪党か。


未知の世界に打って出た命知らずたちの、栄光と敗北を地図で読み解く。

死を恐れぬ探険家、一獲千金を狙う山師、跋扈するならず者……彼らの一世一代の旅を刻み、あるいは駆り立てた地図の数々。
著者が所蔵する稀覯書や地図のコレクションのほか、世界中のプライベートコレクション、美術商、美術館や博物館の収蔵品などから集めた、とくに美しい版で編まれた贅沢な地図誌。
未踏の旅路・異境の驚き・一攫千金への欲望・密かな企み・悪党の狼藉など、39のエピソードが地図を彩る。



ベストセラー『世界をまどわせた地図』の著者による、待望のシリーズ第2弾。



内容は、
古代世界の探検と地図作り/イスラムの地理学者たちと知識の探求/バイキングによるアメリカ大陸到達/マルコ・ポーロの旅/中国・鄭和の大航海/ポルトガルによる熱帯アフリカの探検/クリストファー・コロンブスの大西洋横断/ジョン・カボットの北米への旅/ヴァスコ・ダ・ガマがインドへ到達/大西洋条約を破ったペドロ・カブラルがブラジルに到達/フアン・ポンセ・デ・レオンがフロリダに到達/フェルディナンド・マゼランの世界一周航海/ヴェラッツァーノによる北米東海岸の探検/フランシスコ・ピサロのペルー征服/フランシス・ドレーク卿の世界周航/マテオ・リッチと中国でのキリスト教宣教/ウィレム・バレンツ、ヘンリー・ハドソンと北西航路の探索/ウォルター・ローリー卿のエルドラド探しの旅/オランダ東インド会社とヨーロッパ人によるオーストラリアの発見/アベル・タスマンがニュージーランドに到達/インテリ海賊ウィリアム・ダンピアの冒険/ヴィトゥス・ベーリングの北方大探検/科学を追求したブーガンヴィルの世界周航/クック船長による太平洋と南極海の調査/消えたラ・ペルーズ伯の探検隊/ジョージ・バンクーバーによるアメリカ北西海岸の探検/ムンゴ・パークの北アフリカ探検/アレクサンダー・フォン・フンボルトとエメ・ボンプランの南米探検/ルイスとクラーク探検隊の太平洋までの道のり/ウィリアム・エドワード・パリーが北極諸島へ/ジェームズ・クラーク・ロスと磁北極、磁南極の探索/フランクリン探検隊の謎の失踪/女性旅行家時代の幕開け/デイヴィッド・リヴィングストン、ヘンリー・モートン・スタンリーと「暗黒大陸」/バークとウィルズの探検隊による悲運のオーストラリア縦断/アドルフ・ノルデンショルドのユーラシア大陸周航/北極点到達競争/ロアール・アムンセンによる北西航路横断と南極点到達競争/アーネスト・シャクルトンのエンデュアランス号による南極探検

著者は、

ブルック=ヒッチング,エドワード
英国王立地理学協会フェローにして、不治の域に達した地図偏愛家。

BBCの人気クイズ番組「QI」にも携わる。

古書店の息子として生まれ、現在もロンドンでほこりまみれのアンティーク地図と古本の山に囲まれて暮らしている

amazon さんで販売中

https://www.amazon.co.jp/dp/4863134436?_encoding=UTF8&isInIframe=0&n=465392&ref_=dp_proddesc_0&s=books&showDetailProductDesc=1#product-description_feature_div

この秋も・・・

  • 2019.10.07 Monday
  • 18:17

 

 

 

JUGEMテーマ:アンティーク版画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銀座通りで見つけました〜

 

 

クロエ・ブティックのウィンドーディスプレーです

 

 

ディオールも昨年、「トワルドジュイ」柄でしたが、クロエまでも

 

 

18世紀のフランスの田園風景です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

額縁と額装

  • 2019.09.02 Monday
  • 08:17

 

 

 

JUGEMテーマ:古書・絶版本

 

 

 

 

 

 

 

 

代々木上原にある額装屋さんの本です

 

早速、購入させちただきました、とっても分かりやすく参考になりました、おすすです〜

 

 

 

 

詳細:

電子書籍「額縁と額装」改訂版が amazon kindle より再出版されました。

 

額縁の作り方からマット装飾、古典技法からフランス額装まで全25巻が段階的に出版されます。基本編 Vol.01 〜Vol.14までは既に購入可能です。

 

 

 

 

 

購入は、こちらです☞https://www.amazon.co.jp/%E9%A1%8D%E7%B8%81%E3%81%A8%E9%A1%8D%E8%A3%85-Vol-02-%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E7%B7%A8%EF%BC%8F%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E5%88%B6%E4%BD%9C-%E5%B0%8F%E7%AC%A0%E5%8E%9F%E5%B0%9A%E5%8F%B8%EF%BC%8F%E5%B0%8F%E7%AC%A0%E5%8E%9F%E3%82%88%E3%81%97%E3%81%88-ebook/dp/B07SVM2PKR/ref=pd_sbs_351_5/358-0321162-9759866?_encoding=UTF8&pd_rd_i=B07SVM2PKR&pd_rd_r=f580126c-0c65-4650-8a1c-8ab7335a6da1&pd_rd_w=fVsld&pd_rd_wg=u2SNi&pf_rd_p=ad2ea29d-ea11-483c-9db2-6b5875bb9b73&pf_rd_r=JR8YNFJH2AC87032A7ZB&psc=1&refRID=JR8YNFJH2AC87032A7ZB&fbclid=IwAR3oT1lvoUc_ZAHLdwXg0A9TeNEUIBLZFrwVubVtVod-MTexgrNLOQ3-8Is

 

 

 

 

 

 

ポンペイで

  • 2019.08.17 Saturday
  • 09:24

 

 

 

JUGEMテーマ:古美術・骨董・アンティーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポンペイの考古学者が「魔術師の宝庫」を発見!!

 

 

 

埋もれたローマのポンペイ市で働く考古学者が、幸運のお守り、鏡、ガラス玉などの「魔術師の宝庫」を発見したそうです

 

 

ポンペイの考古学公園の所長であるマッシモ・オザンナは、ほとんどのアイテムが女性のものだったと言っています

 

女性と子供を含む10人の犠牲者の遺体のある部屋が同じ家で発掘されました

 

ポンペイは西暦79年のベスビオ山からの火山噴火によって飲み込まれました

 

致命的な噴火は、都市とその住民を時間内に凍結させ、考古学者の豊富な情報源にしました

 

森は木箱の残りの部分で見つかりました

 

木材自体は分解し、青銅のヒンジのみが残り、その上に硬化した火山性物質によって保存されました

 

 

 

その詳細は・・・

 

ポンペイのあまり古代ではないローマの遺跡
ポンペイのハーネスで見つかった馬
ポンペイで発見された水仙のフレスコ画
クリスタル、セラミック、アメジスト、アンバーなど

 

 

 

オサナ氏は、発掘物について家の所有者のものではなく、使用人または奴隷が持っていた可能性が高いと述べました

 

 

ポンペイの裕福な人々に好まれた金で作られた工芸品はありませんでした

 

「それらは女性の世界の日常生活の対象であり、噴火から逃れようとした都市の住民のミクロストーリー、伝記を伝えるため、並外れたものです」とオザンナ氏は言っています

 

 

考古学者は現在、家で発見された遺体の間にDNA分析によって親族関係を確立しようとしています

 

「恐らく、貴重な箱はこれらの犠牲者の一人のものだった」とオザナ氏は推測した。箱の中のアイテムは、装飾としてではなく、不運に対する魅力として儀式の間に身に着けられていたかもしれない、と彼は言っています

 

様々な発掘で、噴火は以前考えられていたより2ヶ月遅れて79年10月に起こった可能性があります

 

 

ポンペイのほとんどの人々は、ゆっくりと移動する溶融溶岩ではなく、火砕流と呼ばれる広大な高温のガスと破片によって殺されました

 

雲が街を襲い、住民はどこにいても死亡し、最後の瞬間を残したまま灰に埋まってしまいました

 

 

 

 

 

 

ローマ時代の

  • 2019.07.29 Monday
  • 09:56

 

 

 

 

JUGEMテーマ:古美術・骨董・アンティーク

 

 

 

 

 

 

 

 

ローマ帝国時代のジョーク付きスティルス(ペン)がロンドンで発見されたそうです〜

 

 


ロンドン市のブルームバーグの建築現場で発見されました

 

この鉄製のスティルスは「最も人間性のある発見物の1つ」であると考古学者は言っています

 

 

今日販売されている、安くて元気が出そうなコメント、「ローマに行き、あなたが手に入れたのはこのお粗末なペンだけでした」にも匹敵するのセンスが感じられます

 

 

その約2000年前のジョークとは、

 

 

 

「私は街から来ました、

  私はあなたが私を覚えているかもしれないという鋭い点であなたに歓迎の贈り物を持ってきます。


  幸運が許せば私は尋ねます、

  道が長く、財布が空いている限り私は寛大に与えることができるかもしれない」

 

と書かれています

 

 

このメッセージは、ローマ時代のロンドンが創設されてから数十年後の、西暦70年頃の鉄のスティラスに刻まれていました

 

 

 

 

 

このブルームバーグ発掘調査は、2010年から2014年の間に行われ、約14,000点を発見しました

 

 

 

現在このスティラスは、オックスフォードのアシュモリアン美術館で「ポンペイの最後の晩餐」というタイトルの展覧会で、

 

 

2020年1月まで展示されているそうです

 

 

 

 

 

 

肖像画

  • 2019.07.28 Sunday
  • 09:59

 

 

 

 

JUGEMテーマ:古美術・骨董・アンティーク

 

 

 

 

 

こちらもめずらしいミニュチュア肖像画です

 

 

チャールズ・タッカー夫人の子供の頃

 

インド人の召使いの膝にお座りしています

 

 

1805年イギリス製 象牙画

 

 

 

 

オークションで27万円で落札されたそうです〜

 

 

 

 

 

 

肖像画

  • 2019.07.27 Saturday
  • 10:19

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:古美術・骨董・アンティーク

 

 

 

 

 

 

 

1805年フランス製

 

直径6,4

 

銀製額  象牙の上に水彩画で描かれています

 

 

少女とその乳母

 

 

乳母まで描かれている肖像画はひじょうにみずらしいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リージェント・ダイヤモンド

  • 2019.02.14 Thursday
  • 09:29

 

 

 

 

JUGEMテーマ:古美術・骨董・アンティーク

 

 

 

 

 

マリー・アントワネットの船スタイルのヘアー

ここにもリージェント・ダイヤモンドも使用されています

 

 

 

 

 

♠なんと410カラットのダイヤモンド切られていないが、インドのコルラー鉱山の奴隷によって発見された。

 

 

奴隷はそれを自分で隠し外へ密輸しました:ある人の証言では、彼の足に大きな傷を作りその中に隠したと主張します。

 

それからイギリスの船長は奴隷を殺し、ダイヤモンドを盗み、それをインドの商人に売りました

 

 

トーマス・ピットという英国の商人が1701年にマドラスにいる間に商人からダイヤモンドを買いました。

 

ピットの所有で、そのダイヤモンドはピットダイヤモンドとして知られるようになりました。

 

ピットはダイヤモンドを141カラットのクッションのような華麗な形にカットしました。

 

それは「ほぼ円形、幅に等しい厚さ、真っ白、すべての傷、雲、水の斑点がない」と説明されていました。

 

 

ピットはルイ14世を含むさまざまなヨーロッパの王族にダイヤモンドを売ろうとしましたが、成功しませんでした。

 

結局、それは1717年にルイ15世のリージェント時代、フィリップ2世、オルレアン公によって購入されました。

 

この公爵は、彼の友人である有名な伝記者、ルイ・ド・ルーヴロワ、サン=シモン公によって購入されることを勧められました。

 

オルレアン公爵は1722年にルイ15世の戴冠式で使用された王冠にダイヤモンドをセットさせました。

 

その時、リージェント・ダイヤモンドとして知られるようになりました。

 

後に、ルイ16世が戴冠したとき、巨大なダイヤモンドが彼の新しい王冠にセットされました、そして、新しい王がそれを頭に着けていたとき、彼はその重みの不快さに「痛い!」と叫びました。

 

 

フランス革命の間、リージェント・ダイヤモンドとフランスの王冠の宝石を守るために、すべての宝石はガーデミーブル(王国財務省)に保管されていました。

 

この保障措置にもかかわらず、リージェントのダイヤモンドと他の王冠の宝石類は、保管庫に侵入した暴動によって盗まれました。

 

2人の泥棒が捕まり、いくつかの宝石が回収されました。 しかし、リージェント・ダイアモンドは行方不明のままで、15ヶ月間発見されませんでした。強盗がそれを穴の中に隠したためです。 

 

一人の人が述べた:

「逮捕された2人の泥棒は、もちろん疑惑を呼び起こした答えを出しました…確かに…強盗は、使用されるお金を自分たちに供給するために、後期の貴族党に属する人々によって計画されたのです。フランスを征服しようとしていた外国の軍隊に支払うことで・・・」と

 

しかし、真相は、泥棒たち以外は誰もこの驚異的な強盗に関与しておらず、彼らは一人の欲張りによって動かされたようです。

 

 

 

リージェント・ダイヤモンドが回収された後、それは破産したフランスのためのローンを担保するために使われました。

 

1795年に、それはドイツの銀行に誓約されました、そして1798年にそれはバンダーバーグという名前のアムステルダムの銀行家に釘付けになりました。バンダーバーグが所有している間、彼はそれをガラスケースに入れて公開展示しました。

 

バンダーバーグの友人たちは、セキュリティの欠如のせいで、それを簡単に盗まれる可能性があると彼に助言しました。

 

しかし、ヴァンダーベルグ氏は、「ガラスのケースに入っているリージェントは価値がない…本当のリージェントは私の妻のところにある」と彼らに語った。

 

ナポレオン・ボナパルトは1801年に摂政を永久に償還しました。

 

1804年の戴冠式では、王冠に据える代わりに、「剣の柄を形成する」ワニの歯の間に置かれた刀に取り付けました。

 

ナポレオンがオーストリアの大公マリー・ルイーズを葬ったときに現れた時。

 

彼の黒いベルベットの花婿の帽子は、「8列のダイヤモンドと3つの白い羽飾りで結びつけられ、その中央にリージェント・ダイヤモンドが輝いていました。

 

 

ナポレオンが追放された後、オーストリアの大公マリールイーズ大佐は逃げました。

 

彼女はリージェント・ダイヤモンドを含むすべての王冠の宝石をオーストリア持って行きました。

 

彼女の父親がそれをフランスに返還するまでそばに置いていました。

 

フランスの3人の支配者 - ルイ18世、シャルル10世、ナポレオン3世 - はその後彼らの王冠に登りました。

 

ダイヤモンドの価値について、The North British Review誌は次のようにコメントしています。

 

「ある声明によれば、それは宝石商の委託により、£458,333(約458,378,000円)とあります」

 

1877年、フランスのリージェント・ダイヤモンドを除くすべてのクラウンジュエルがオークションで売却されました。

 

リージェントは、皇后ユージニーのために設計されたギリシャの王冠に付けられましたが、残りはルーブル美術館で展示されました。

 

第二次世界大戦中の短い期間を除いてルーブル美術館に展示され続けていました。

 

第二次世界大戦中は、保護策としてシャンブル城の石のパネルの後ろに隠されていました。

 

 

 

 

 

マリー・アントワネット

  • 2019.01.22 Tuesday
  • 09:39

 

 

 

 

JUGEMテーマ:古美術・骨董・アンティーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠こちらは、マリー・アントワネットのためだけに作られた人形です〜

 

 

 

家具屋のデビッド・レントゲンが作ったそうです〜

 

 

 

 

 

 

 

 

archives

recent comment

profile

JJ










富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART 高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL 日本最大級2500万点の素材サイト | アマナイメージズ

クロックス

クロックス オンラインショップ

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM