アンドリュー・ワイエス展

  • 2019.04.21 Sunday
  • 14:15

 

 

 

JUGEMテーマ:美術館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠連日、お天気続きでお出かけ日和ですね〜

 

 

 

 

 

 

美術愛住館一周年記念 アンドリュー・ワイエス展
2019年3月16日(土)〜2019年5月19日(日)
※4/29、30、5/6は開館。
 アンドリュー・ワイエス
(Andrew Wyeth, 1917年-2009年)
アメリカのリアリズム絵画の巨匠として知られ、その卓越した描写力で寂寥感と詩情に満ちた画風を築きました。
彼はアメリカの限られたふたつの地域、ペンシルヴェニア州チャッズ・フォードとメイン州クッシングにて生涯の大半を過ごし、数々の傑作を生み出しました。
 アメリカ北東部に位置するメイン州クッシングでは、オルソン・ハウス(現在、アメリカ合衆国国定歴史建造物)に住む姉弟と出会い、彼らの息遣いが染みついた室内や日用品、そして時と共に朽ちてゆくオルソン・ハウスの姿をとらえました。
 本展では、丸沼芸術の森が所蔵するワイエスの水彩・素描(全238点)から、オルソン・ハウス・シリーズのエッセンスといえる40点の作品を厳選して展示します。
中でも、彼の代表作《クリスティーナの世界》(1948年、ニューヨーク近代美術館)の制作過程が分かる貴重な習作群は必見です。その他、オルソン・ハウスの模型や映像資料も展示いたします。
詳細はこちら☞http://aizumikan.com/open/

 

 

 

 

 

 

 

江戸絵画

  • 2019.02.17 Sunday
  • 09:42

 

 

 

 

JUGEMテーマ:美術館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠東京都美術館で開催中の
「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」

 

 

 

2019年2月9日(土)〜4月7日(日)

 

 

 

 

1970年に刊行された美術史家・辻惟雄による『奇想の系譜』に基づく、江戸時代の「奇想の絵画」の決定版

 

 

 

岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳に、白隠慧鶴、鈴木其一を加えた8人の代表作を一堂に会し、重要文化財を多数含む展示

 

 

豊かな想像力、奇想天外な発想にみちた江戸絵画の魅力を紹介。現代の目を通した新しい「奇想の系譜」を発信しています

 

 

 

 

 

 

(詳細、以下HPより)

 

美術史家・辻惟雄氏(1932年-)が、今から約半世紀前の1970年に著した『奇想の系譜』

 

 

本展はその著作に基づいた、江戸時代の「奇想の絵画」展の決定版

 

 

『奇想の系譜』で採り上げられたのは、それまで書籍や展覧会でまとまって紹介されたことがなかった、因襲の殻を打ち破った、非日常的な世界に誘われるような絵画の数々

 


本展では、同書で紹介された、岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳に、白隠慧鶴、鈴木其一を加えた8人の作品を厳選したラインナップになっています

 


近年の「若冲ブーム」、「江戸絵画ブーム」、ひいては「日本美術ブーム」の実相をご存知の方も、またこの展覧会ではじめて魅力的な作品に出会うことになる方にも、満足いただける内容を目指しました。奇想天外な発想にみちた作品の数々を紹介し、現代の目を通した新たな「奇想の系譜」を発信する本展において、江戸絵画の斬新な魅力満載

 

 

 

 

 

 

 

新な魅力が発見できそうです〜

拝見するのが、楽しみな展覧会です

 

 

 

 

 

展覧会

  • 2019.02.12 Tuesday
  • 10:39

 

 

 

 

JUGEMテーマ:美術館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「アリス」です〜

 

 

 

 

 

 

♠連休の寒さから一夜明けて、少々気温が上がり良いお天気になりました〜

 

 

お出かけにかかがでしょうか?

 

 

 

 

現在、世田谷文学館で開催中
「ヒグチユウコ展 CIRCUS」

 

画家・絵本作家ヒグチユウコさん

 


初期作品から最新作まで約500点を一気に紹介する初めての本格的展覧会が、世田谷文学館で開催中です

 

 

絵本作家としても数多くの著書を出されているヒグチユウコさん

 

 

ヒグチユウコさんの名前は知らなくても、必ず彼女の作品をどこかで目にしているはず

 

 

 

独特な世界感がたまりません〜

 

 

 

会期:2019年1月19日(土)〜3月31日(日)
開館時間:10:00〜18:00
※入場は閉館の30分前まで
会場:世田谷文学館
https://www.setabun.or.jp/
主催:公益財団法人せたがや文化財団 世田谷文学館、朝日新聞社
協賛:東邦ホールディングス株式会社、株式会社ウテナ
後援:世田谷区、世田谷区教育委員会
特別協力:グラフィック社
協力:白泉社、祥伝社、ブロンズ新社、講談社(順不同)
特設サイト:https://higuchiyuko-circus.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旧博物館動物園駅

  • 2019.02.03 Sunday
  • 13:19

 

 

 

 

JUGEMテーマ:美術館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠シュールでとっても雰囲気の展示会を見つけました〜

 

 

 

 

 

今日のような、ほっても良いお天気の東京のお出かけにぴったりでした

 

 

旧博物館動物園駅「アナウサギを追いかけて」

 


上野のリサーチを基に演出家・羊屋が書き下ろした物語を読み解きながら鑑賞するインスタレーション作品。
演出:羊屋白玉  美術:サカタアキコ  制作協力:森健人
<会期>2018年11月23日(金・祝)から2019年2月24日(日)までの毎週金・土・日曜日 ※12月28日-30日を除く計39日間
<時間>11:00 - 16:00 ※最終入場は15:30まで(定員制・混雑時は入れ替え制)
<場所>旧博物館動物園駅 駅舎
<入場>無料

 

 

 

 

 

 

 

 

「不思議の国のアリス」の白うさぎを彷彿させるうさぎ満載です

 

 

アリスが時間を忘れてうさぎを追いかける気持ちが分かる気がします

 

 

 

 

 

本屋さん

  • 2019.01.28 Monday
  • 09:43

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:古書・絶版本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠本屋「ほんやのほ」さん

 

 

 

 

 

2月1日、東京メトロ日比谷線小伝馬町駅より3分のビルの2階にオープンするそうです〜

 

 

なんどそのスペースは、3畳に満たないそうです

 

 

 

予約しなくても、予約してもいい本屋さん

 

 

会員制だそうで、

 

その会員資格は「なんだか本が気になること」だそうです

その会員になるのは無料だそうです

 

本は読み終えなくても愛していいルールとのこと

 

 

ステキな本屋さんのオープン、嬉しいニュースです!!!

 

 

御成功をお祈り申し上げます

 

 

 

場所は・・・

東京都中央区日本橋大伝馬町13-1

 books-ho.tokyo

 

 

 

 

 

アンティークモール銀座

  • 2018.12.16 Sunday
  • 17:36

 

 

 

 

JUGEMテーマ:古美術・骨董・アンティーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠アンティークモール銀座からのお知らせです〜

 

 

 

年内は、

12月28日(金) 7時まで営業

 

年明けは、

2019年は、1月3日(木)11時から営業です

 

 

 

 

J・ジェフリー プリント ギャラリーのケースは、

地下1F ケースCにございます〜

 

 

 

 

銀座におこしの際には、ぜひお立ち寄りください〜

 

 

アクセス等詳細はこちらです

https://www.antiques-jp.com/

 

 

 

 

 

 

Dior

  • 2018.12.11 Tuesday
  • 10:04

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:古美術・骨董・アンティーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠銀座のDior ブティックのウィンドーディスプレイです

 

 

 

トワルドジュイ満載です〜

 

 

やはり18世紀のデザインは人気ですね〜

 

 

 

 

 

 

 

トワル・ド・ジュイ・・・・

 

ドイツ出身のプリント技師、クリストフ=フィリップ・オーベルカンプ(1738−1815年)によってヴェルサイユ近郊の村、ジュイ=アン=ジョザスの工場で生み出された西洋更紗、トワル・ド・ジュイ(ジュイの布)


工場が設立された1760年から閉鎖する1843年までにこの工場で生み出されたテキスタイルのデザインは3万点を超えると言われ、人物を配した田園風景のモティーフだけでなく、様々な花が散りばめられた楽しいデザインのコットンプリントが数多く伝えられています

 

 

 

 

 

名画が!!

  • 2018.12.08 Saturday
  • 10:30

 

 

JUGEMテーマ:美術館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠ネスカフェ 原宿で、2018年12月4日(火)から25日までの期間限定で「ネスカフェ フォトラテ 飲める美術展」を開催中だそうです〜

 

 

 

「ネスカフェ フォトラテ 飲める美術展」

 


開催期間:2018年12月4日(火)〜12月25日(火)


時間:11:00〜21:00(ラストオーダー20:30)


会場:ネスカフェ 原宿(東京都渋谷区 神宮前 1-22-8)


作品展示時間:14:00〜14:10、16:00〜16:10、18:00〜18:10の1日計3回


ドリンクメニュー:300円(税込)

 

 


※「カフェラテメニュー」1杯と展示作品の「ネスカフェ フォトラテ」1枚の体験セット。数量限定。
※ドリンクメニューは、開催初日の12月4日(火)のみ14:00から販売スタート。

<展示ラテアート作品>
(1)フィンセント・ファン・ゴッホ「ファンゴッホの寝室」
(2)クロード・モネ「睡蓮(1906年)」
(3)葛飾北斎「神奈川沖浪裏」
(4)フィンセント・ファン・ゴッホ「自画像(1887)」
(5)フィンセント・ファン・ゴッホ「自画像(麦わら帽をかぶったもの)」
(6)フィンセント・ファン・ゴッホ「ルーラン夫人ゆりかごを揺らす女」
(7)ヨハネス・フェルメール「水差しを持つ女」
(8)ヨハネス・フェルメール「信仰の寓意」
(9)ポール・セザンヌ「リンゴの籠」
(10)ピエール=オーギュスト・ルノワール「2人の姉妹(テラスにて)」
(11)ポール・セザンヌ「エスタックから眺めたマルセイユ」
(12)エドヴァルド・ムンク「窓辺の少女」
(13)クロード・モネ「静物、りんごとぶどう」
(14)ポール・ゴーギャン「マハナ・ノ・アトゥア(神の日)」
(15)ピエール=オーギュスト・ルノワール「ピアノを弾く婦人」
(16)フィンセント・ファン・ゴッホ「糸杉のある麦畑」
(17)アンリ・ルソー「獅子座の食事」
(18)エドゥアール・マネ「アルジャントゥイユの家の庭のモネの家族」
(19)エドガー・ドガ「ダンスレッスン」
(20)東洲斎写楽「市川鰕蔵の竹村定之進」

 

 

 

 

 

 

 

それぞれ、お味的にはどうなのでしょうか?

 

興味深々です〜

 

 

 

 

 

 

 

渋谷PARCO様

  • 2018.10.29 Monday
  • 15:17

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠昨日までのGALLERY X BY PARCO「ボタニカル蚤の市 in ハロウィン」を終え、商品撤収作業をしてきました

 

 

 

 

 

晴天でぽっかぽかの渋谷です

 

 

見上げると現在のPARCOの様子です

 

 

以前のパート1、パート2、パート3ともに工事中です

 

 

新生PARCO様での展示会ができるのを楽しみにしています〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パリ

  • 2018.10.12 Friday
  • 09:26

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:古書・絶版本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠パリの友人からの写真です〜

 

 

 

 

古株の古書屋さんやプリント屋さんがバタバタと閉店しています

 

 

 

 

やはりインターネットの影響のようです

 

 

 

 

 

 

 

食と農の博物館

  • 2018.10.05 Friday
  • 14:14

 

 

 

JUGEMテーマ:アンティーク版画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠まだ少し先ですが、平成30年10月26日(金)〜平成31年3月10日(日)

 

 

東京農業大学「食と農」の博物館 1階企画展示室A・Bにて

 

 

 

企画展 ブタになったイノシシたち

Wild Boars Becoming Pigs ― Domestication

 

 

 

(以下展示会のHPから)

ブタがイノシシの家畜化されたものであることは広く知られています。

その家畜化はおよそ1万年前に始まったとされておりますが、現在でも各地で生け捕られたイノシシが容易に飼育され、またイノシシとブタの交配によって「イノブタ」と呼ばれる家畜も存在することからも理解できます。

このことはブタもイノシシも、生物学的には同一種であるということを示しています。

しかし現代の我々のブタに対する一般的なイメージは、顔面がしゃくれ、耳は大きく垂れさがり、尾は曲がり、体毛は荒々しく「剛」のイノシシとは異なり、どちらかというと愛らしいものではないでしょうか。

 しかし、最近の調査ではアジア辺境域において、一見イノシシとは判別しきれない特徴を持つブタが飼われていることがわかっています。そこではイノシシの家畜化が現在でも繰り返されており、時にはその遺伝子がブタ集団内に入り込んでいるためと考えられています。

このようなブタは、その地域のイノシシから家畜化された在来のブタであり、遺伝資源として貴重であるにも拘らず、アジアの近代化の中で絶滅の一途を辿り、その調査研究も殆ど行われていないのが現状です。

 本展では2019年の亥年を迎えるにあたって、今日の食肉資源において最も身近であるブタを取り上げ、「イノシシがブタになる」その家畜化について、これまで殆ど知られていないアジア辺境域のブタを対象に探ってみます。

また多くの標本や民俗・美術資料をとおして生き物としてのイノシシ・ブタについて考えてみます。

 

 

 

 

 

 

 

こちらの展示に際し、J・ジェフリープリントギャラリーでも博物画の協力をさせていただきました!!

 

微力ながら、ご協力の機会をいただいたことを誠に感謝申し上げております。

 

ぜひ初日に拝見させていただこうと思っています!!

 

 

 

 

豚肉がもっと好きになってちゃうかも〜

 

 

 

 

展示会の詳細はこちらです

https://www.nodai.ac.jp/campus/facilities/syokutonou/exhibits/boar2019/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェルメール展

  • 2018.10.03 Wednesday
  • 10:26

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:美術館

 

 

 

 

 

 

 

♠明後日、金曜日からスタートするフェルメール展とっても楽しみですね〜

 

 

会場は、上野の森美術館と大阪市立美術館

 

 

 

 

こんなに身近に出会えることはとってもラッキーですね

 

 

 

 

 

アンティークモール銀座

  • 2018.10.01 Monday
  • 14:21

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ボタニカルアート(植物画)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの中段No. 11のケースがJ. Jeffery's Print Gallery です

宜しお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

♠昨日の台風から一転、又残暑がもどってきたような銀座です

 

 

 

本日から「アンティークモール銀座」様の地下1Fのケースにて出店開始しました〜

 

 

銀座に遊びに来た際は、1丁目まで足を延ばして見にきてください!!

 

 

他のブースやケースも掘り出し物いっぱいです

 

 

現在セール中のブースも多数、ひじょうに充実したアンティークモールです

 

 

アンティークモール銀座のHPはこちらです

https://www.antiques-jp.com/access/

 

 

 

 

 

きのこの切手

  • 2018.09.29 Saturday
  • 14:48

 

 

 

JUGEMテーマ:アンティーク版画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠今週末は、台風の影響で雨の予想となっていますが・・・

 

 

 

 

 

明日に9月30日まで興味深い展覧会が開催されているそうです〜

 

 

 

 

 

〜9/30 世界のキノコ切手展 〜きのこを切手で楽しむ〜

 

 

 

(以下HPより)

「キノコ切手の博物館」著者であり、国内屈指のきのこ切手収集・研究家である

石川氏の協力を得て、世界各国のキノコの切手を展示します。

世界各国の可愛いキノコの切手や、園内でも見る事の出来るキノコを写真と共にご紹介します。

 

 

 

場所は、

国営昭和記念公園管理センター

〒190-0014 東京都立川市緑町3173
TEL 042-528-1751
この機会にぜひ、拝見させていただきたいと思っています〜

 

 

 

昆虫標本

  • 2018.09.28 Friday
  • 11:06

 

 

 

JUGEMテーマ:博物館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♠とっても興味深い展覧会を見つけたのでご報告です〜

 

 

 

 

日本最古やブータン国王贈呈の標本を展示

東京大学総合研究博物館に収蔵されている約70万点の昆虫標本のうち、秘蔵コレクション約40,000点を一挙公開。

 

日本最古の昆虫標本、ミツクリザメで知られる箕作佳吉の明治〜大正期の昆虫標本、昭和初期に採集された鳥類学者の侯爵・山階芳麿の昆虫標本、ブータン国王陛下から贈呈されたブータンシボリアゲハなど、貴重な昆虫標本に四方を囲まれながら、日本の昆虫博物誌や自然科学に関心を抱いてもらう。

 

 

 

2018年7月14日(土)〜10月14日(日)
月曜日休館(ただし月曜が祝日の場合は翌日火曜)

開催時間

10:00〜17:00

場所

東京都文京区 東京大学総合研究博物館

 

 

 

 

 

週末ぜひ拝見したいと思っています〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

archives

recent comment

profile

JJ










富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART 高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL 日本最大級2500万点の素材サイト | アマナイメージズ

search this site.

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM