19世紀のロンドン

  • 2015.12.08 Tuesday
  • 20:44



JUGEMテーマ:イギリス



 





きらきら先日、新商品でご紹介した『ロンドンのインテリア - コスチュームと式典とともに』

1841年 ジョセフ・ミード社 ロンドン刊行から




ハンター博物館


イングランド王立外科医師会




















外科医ジョン・ハンター(1728年-1793年)




ハンター博物館は、先駆者スコットランドの外科医ジョン・ハンターによって設立されました


コレクションが大部分は外科的見本と身体的な異常体形などで、それらの博物学標本(恐竜や絶滅したドードーの骨格など)の多数のコレクションを含んでいます


この時代は、多くの他の外科医同様、解剖学用の検体(死体)が不足していました


死刑囚の死体だけでは、足りなく、


ジョン・ハンターは死体泥棒達からの死体を闇で購入して、若い外科医大学の学生に解剖用教材として提供していました



レスター・スクエアの彼の豪邸は、表向きには上流社会の友人の見せかけの豪華な玄関がありましたが、それとは別に裏口があり、暗くなると、泥棒が死体を運んでくるための大きな別のロビーがあったそうです


作家ロバート・ルイス・スティーブンスンは、彼の著書「ジキル博士とハイド氏」を執筆するうえでハンターの影響があったとされています


地位と名誉ある外科医と闇の死体のディーラー・・・・・
 
 


 

 
商品のご購入はこちらから右矢印 青
http://botanicalart.shop-pro. jp/?pid=95676921


 




 

スポンサーサイト

  • 1970.01.01 Thursday
  • 20:44
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    selected entries

    archives

    recent comment

    profile

    JJ










    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART 高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL 日本最大級2500万点の素材サイト | アマナイメージズ

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM