盛林堂書房様から

  • 2018.09.11 Tuesday
  • 19:54

 

 

JUGEMテーマ:アンティーク版画

 

 

 

 

 

 

 

♠盛林堂書房様から耳より情報いただきましたので、早速こちらでもご紹介させていただきます〜

 

 

(以下、盛林堂書房様のツイートとサイトから)

 

盛林書房新刊、蜂須賀正氏随筆集『鳥の棲む氷の国』、盛林堂で委託販売いたします。

販売開始は9月下旬頃の予定です。

通販サイトにて予約開始しました。

 

 

予約受付中

タイトル:「鳥の棲む氷の国」
著者:蜂須賀正氏
編者:小野塚力

頁数: 336頁
価格:8500円
判型:A5判

発行元:東都 我刊我書房
初版発行:2018年10月7日
委託部数:150部

 

※入荷・販売開始日未定


【目次】
第一部 旅行記
琉球採集旅行記                      
中支生物紀行                      
第二部 博物随想
アブドゥラ王の思い出                 
イナゴの進軍                     
ニルガイ                       
フィリッピン・セレベス・モルッカ・ニューギニヤの鳥類 
ブルガリヤ国王ファージナンド陛下           
叫鳥(スクリーマー)の飼育               
山階侯爵                      
中西、山階両君の名誉                 
歴史に現われた世界一の美人              
鳥の棲む氷の国                    
瘤 猪                        
熱海の椰子園                     

解説 寺門和夫 
 

編纂のあとに                     

初出一覧   

 

 

蜂須賀正氏随筆集「鳥の棲む氷の国」刊行にあたり

華族にして、鳥類学者、徳島藩主の末裔にして、徳川慶喜の孫であり、ロスチャイルド卿とも深い交流があった蜂須賀正氏の随筆集を刊行する。


今回、刊行される「鳥の棲む氷の国」は、単行本未収録の文章、旅行記を集成したものであり、いわは、お蔵だしのものばかりである。

本書の中心になるのは、二本の旅行記だ。戦前の沖縄の風物にふれた「琉球採集旅行記」、中国探訪記「中支生物紀行」で ある。

とりわけ、写真資料の多い「琉球採集旅行記」は、興味深い。ノグチゲラの生態調査をまとめたものだが、その実、沖縄の海洋生物についての記事が豊富だ。

「中支生物紀行」は、長崎でのドードー鳥調査が目を引く。

旅行記以外は、蜂須賀正氏のはばひろい交流、博識を感じさせる文業をまとめた。

「ニルガイ」「瘤猪」「叫び鳥の飼いかた」は、蜂須賀正氏の本領ともいえるものである。


解説は、科学ジャーナリストの寺門和夫氏にお願いした。


本書を読むことで、より深く蜂須賀正氏にふれることができるだろう。

  • 価格:8,500円

 

 

 

 

 

 

👩お手頃価格でひじょうにめずらしい内容、今から楽しみですね〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
ご紹介ありがとうございます。
  • りき
  • 2018/09/17 8:37 PM
9月20日から、西荻盛林堂さまにて、取り扱い開始です。よろしくお願いいたします。
  • りき
  • 2018/09/20 10:39 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

recent comment

profile

JJ










富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART 高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL 日本最大級2500万点の素材サイト | アマナイメージズ

クロックス

クロックス オンラインショップ

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM