リージェント・ダイヤモンド

  • 2019.02.14 Thursday
  • 09:29

 

 

 

 

JUGEMテーマ:古美術・骨董・アンティーク

 

 

 

 

 

マリー・アントワネットの船スタイルのヘアー

ここにもリージェント・ダイヤモンドも使用されています

 

 

 

 

 

♠なんと410カラットのダイヤモンド切られていないが、インドのコルラー鉱山の奴隷によって発見された。

 

 

奴隷はそれを自分で隠し外へ密輸しました:ある人の証言では、彼の足に大きな傷を作りその中に隠したと主張します。

 

それからイギリスの船長は奴隷を殺し、ダイヤモンドを盗み、それをインドの商人に売りました

 

 

トーマス・ピットという英国の商人が1701年にマドラスにいる間に商人からダイヤモンドを買いました。

 

ピットの所有で、そのダイヤモンドはピットダイヤモンドとして知られるようになりました。

 

ピットはダイヤモンドを141カラットのクッションのような華麗な形にカットしました。

 

それは「ほぼ円形、幅に等しい厚さ、真っ白、すべての傷、雲、水の斑点がない」と説明されていました。

 

 

ピットはルイ14世を含むさまざまなヨーロッパの王族にダイヤモンドを売ろうとしましたが、成功しませんでした。

 

結局、それは1717年にルイ15世のリージェント時代、フィリップ2世、オルレアン公によって購入されました。

 

この公爵は、彼の友人である有名な伝記者、ルイ・ド・ルーヴロワ、サン=シモン公によって購入されることを勧められました。

 

オルレアン公爵は1722年にルイ15世の戴冠式で使用された王冠にダイヤモンドをセットさせました。

 

その時、リージェント・ダイヤモンドとして知られるようになりました。

 

後に、ルイ16世が戴冠したとき、巨大なダイヤモンドが彼の新しい王冠にセットされました、そして、新しい王がそれを頭に着けていたとき、彼はその重みの不快さに「痛い!」と叫びました。

 

 

フランス革命の間、リージェント・ダイヤモンドとフランスの王冠の宝石を守るために、すべての宝石はガーデミーブル(王国財務省)に保管されていました。

 

この保障措置にもかかわらず、リージェントのダイヤモンドと他の王冠の宝石類は、保管庫に侵入した暴動によって盗まれました。

 

2人の泥棒が捕まり、いくつかの宝石が回収されました。 しかし、リージェント・ダイアモンドは行方不明のままで、15ヶ月間発見されませんでした。強盗がそれを穴の中に隠したためです。 

 

一人の人が述べた:

「逮捕された2人の泥棒は、もちろん疑惑を呼び起こした答えを出しました…確かに…強盗は、使用されるお金を自分たちに供給するために、後期の貴族党に属する人々によって計画されたのです。フランスを征服しようとしていた外国の軍隊に支払うことで・・・」と

 

しかし、真相は、泥棒たち以外は誰もこの驚異的な強盗に関与しておらず、彼らは一人の欲張りによって動かされたようです。

 

 

 

リージェント・ダイヤモンドが回収された後、それは破産したフランスのためのローンを担保するために使われました。

 

1795年に、それはドイツの銀行に誓約されました、そして1798年にそれはバンダーバーグという名前のアムステルダムの銀行家に釘付けになりました。バンダーバーグが所有している間、彼はそれをガラスケースに入れて公開展示しました。

 

バンダーバーグの友人たちは、セキュリティの欠如のせいで、それを簡単に盗まれる可能性があると彼に助言しました。

 

しかし、ヴァンダーベルグ氏は、「ガラスのケースに入っているリージェントは価値がない…本当のリージェントは私の妻のところにある」と彼らに語った。

 

ナポレオン・ボナパルトは1801年に摂政を永久に償還しました。

 

1804年の戴冠式では、王冠に据える代わりに、「剣の柄を形成する」ワニの歯の間に置かれた刀に取り付けました。

 

ナポレオンがオーストリアの大公マリー・ルイーズを葬ったときに現れた時。

 

彼の黒いベルベットの花婿の帽子は、「8列のダイヤモンドと3つの白い羽飾りで結びつけられ、その中央にリージェント・ダイヤモンドが輝いていました。

 

 

ナポレオンが追放された後、オーストリアの大公マリールイーズ大佐は逃げました。

 

彼女はリージェント・ダイヤモンドを含むすべての王冠の宝石をオーストリア持って行きました。

 

彼女の父親がそれをフランスに返還するまでそばに置いていました。

 

フランスの3人の支配者 - ルイ18世、シャルル10世、ナポレオン3世 - はその後彼らの王冠に登りました。

 

ダイヤモンドの価値について、The North British Review誌は次のようにコメントしています。

 

「ある声明によれば、それは宝石商の委託により、£458,333(約458,378,000円)とあります」

 

1877年、フランスのリージェント・ダイヤモンドを除くすべてのクラウンジュエルがオークションで売却されました。

 

リージェントは、皇后ユージニーのために設計されたギリシャの王冠に付けられましたが、残りはルーブル美術館で展示されました。

 

第二次世界大戦中の短い期間を除いてルーブル美術館に展示され続けていました。

 

第二次世界大戦中は、保護策としてシャンブル城の石のパネルの後ろに隠されていました。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 1970.01.01 Thursday
  • 09:29
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    selected entries

    archives

    recent comment

    profile

    JJ










    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART 高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL 日本最大級2500万点の素材サイト | アマナイメージズ

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM