ルドゥーテ物語 第七話

  • 2009.12.16 Wednesday
  • 09:15
(昨日につづく・・・・)



ある日、見知らぬ人が、若い画家が王立植物園で花を描いているところを見ていました。
ルドゥーテの絵からは、その画家がどんなに花を愛しているのかみてとることができました。
「私は、今新発見の植物についての本を書いているのですが、その本の挿絵を描いてみませんか?」
とその人は、たずねました。
「仕事は、たいへんですよ。でもその分いっぱい支払ますよ。」
この日こそがルドゥーテにとって最良の日でした。

その男の名は、シャルルィ・レリチエといい、第一線で活躍している裕福な植物学者で熱心な植物の研究者でした。




彼は、ルドゥーテに花についてのすべての詳細を近寄ってよく観察するようにと教えました。
近づいて観察すればするほど、その植物の奇跡にふれました。


(明日につづく・・・・)ジョギング

スポンサーサイト

  • 1970.01.01 Thursday
  • 09:15
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    selected entries

    archives

    recent comment

    profile

    JJ










    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART 高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL 日本最大級2500万点の素材サイト | アマナイメージズ

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM