ルドゥーテ物語 第十七話

  • 2009.12.25 Friday
  • 09:55
(昨日につづく・・・・)





しかしながら后の死によってほとんどの収入と友人を失いました。
しかし花々への熱意から、お金に無関心でした。
貯金なしのルドゥーテは、すぐに借金の生活になりました。
最悪なことに新しいフランスの王は、芸術や科学に無関心で、人が高価な本に感銘するのをいやがりました。
マリー・マルテは、心配しました。





ルドゥーテは、王様や植物学者のものでなく、その時代の芸術愛好者のために最も美しい花やフルーツのブーケを描くことを告げました。

そして、パリのおしゃれなご婦人たちに、花の描き方を教えました。
ルドゥーテは、ご婦人たちに
「花々は、地球の星であり、やさしさや愛とともにみちびかれるもの」
と言いました。


(明日につづく・・・・)ジョギング
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

recent comment

profile

JJ










富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART 高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL 日本最大級2500万点の素材サイト | アマナイメージズ

クロックス

クロックス オンラインショップ

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM