『小さなバレリーナ』 第47話

  • 2010.10.04 Monday
  • 09:09


(46話のつづき)




47話    51p


「ねぇ!バイエルンのホウキを買ってくだい、
ほうきを買って、
ほうきを買って、
ねぇ、バイエルンのホウキを買って」


どんな、ホウキなのかしら?
「とっても小さなものだと思うわ」と彼らのお母様が笑いながら言いました。
「それに全然使いものにならないようなホウキ」

ジュールとルィーズにとっての飲み物の習慣は、一杯の“パンチ”でした、そのため、テーブルの上には、頻繁にレモンが置いてありました。

この小さなバレリーナは、レモン一個を盗んで隠しておこうと考えていました、彼女は、独自に彼女の帽子についていた古い羽毛からペンを作り、そして、本からの白い紙を破き取り、ただ、大切なメモを書くチャンスを待つのみでした。

今では、どんな時でも重要なことに違いありません、そして、装った両親が外出中の時、彼女は、計画を練るのを楽しみました。

舞台の衣装が整う数時間前に、彼女は、すべてのホウキの頭にメモをくくりつけました。

彼女は、神様に、メモの中の一枚でも火の近くに落ちて気づかれて読まれるようにとお願いしました。



(48話へつづく)ジョギング

スポンサーサイト

  • 1970.01.01 Thursday
  • 09:09
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    archives

    recent comment

    profile

    JJ










    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART 高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL 日本最大級2500万点の素材サイト | アマナイメージズ

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM