『小さなバレリーナ』 第52話

  • 2010.10.09 Saturday
  • 10:49


(51話のつづき)




52話    56p


彼が、その告発を聞き、そして警官が法の下に彼を逮捕することを知ると、彼は、暴力的に変わりました、そして、カーロッタ・デ・ヴェールは、私の子供の名前だと主張しました、そして、すべての彼女のメモの内容は、偽りだと主張しました。

その間に大きな群衆ができあがっていました、そして、噂では、この男は、小さな少女を両親から誘拐したばかりでなく、しかも彼女を冷酷に虐待までしていたというものでした、彼らの怒りは、そうとうなものでジュールを馬車で猛スピードで刑務所へと連れりました、群衆による死の危険を回避したのです。

ルィーズは、人々の騒ぎを聞き、道が騒がしいのを聞きました、ドアを閉め、夫以外のだれが来ても無視していました。

しかしながら、最後には、警察のいう通りにするべきだと彼女は、認めていました。


ジュールズがカーロッタの誘拐に手をかした罪で刑務所に送られたと聞いた、彼女の顔色は、大きな困惑と罪の意識で変化しました。

彼女は、逃亡しようと試みましたが、捕まり、すぐに投獄されました。


(53話へつづく)ジョギング

スポンサーサイト

  • 1970.01.01 Thursday
  • 10:49
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    archives

    recent comment

    profile

    JJ










    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART 高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL 日本最大級2500万点の素材サイト | アマナイメージズ

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM